Pocket

「面接で分かるブラック企業の特徴」

「就職先に困っていてもブラック企業は嫌だ・・・」
「激務俸給な会社ならフリーターの方がまだまし」

こんなことって誰もが思いますよね。そんな誰もができる事ならば関わりたくないブラック企業ですが、ブラック企業であるかどうかは面接の段階である程度判別することができます。

なぜならやばい会社の採用面談には明らかな特徴がいくつもあるからです。つまり、それらを押さえれば入社前にその会社が真っ当な会社であるか否かが分かるので、ブラック企業に入社せずに済むのです。

そこで今回は採用面談の段階でブラック企業であるか否かを判断する際に利用しておきたい6つのチェックポイントについてまとめてみました。

面接官の顔が疲れている

面接と聞くと企業が募集者に対し、会社にとって有益な人材となりえるかどうかを見定める機会です。

つまり企業から試される最初の試練というイメージがありますが、何も面接で試されているのは募集者側だけではありません。あなたも面接官をチェックする資格があるのです。

実はブラック企業では採用を担当する面接官にも過剰なノルマや残業を課すので、面談を担当する担当員が疲れ切った顔をしている傾向があります。

トイレは企業の鏡、などと言われますが面接官は企業の顔そのものです。その顔が疲れ切った表情をしていたら、ブラック企業である事を疑ってもいいかもしれません。

人が足りないので、入社をせかす

本来面接は互いに働いてほしい人材か、働きたい企業なのか判断し合う場です。

しかし、ブラック企業は人がすぐに辞めるので欠員を補充するために入社をせかす傾向があります。その理由は単純明快でして、人員不足で日常業務が回らないので、猫の手も借りたい状況だからです。

こんな職場に入ってしまえばボロボロになるまで酷使されるのが目に見えております。

この点を考えると面接の中で今すぐにでも勤務してほしい、すぐに入社してほしいなどと言いだす面接官がいればそれはブラック企業であることを疑うべきです。

体力や根性について聞いてくる

ブラック企業に必要な人材とは、365日24時間いかなるときも会社の為に身を粉にして勤勉に働くことのできる人間です。こうした環境では当然のように体力や根性のような業務そのものの技術とはかけ離れた要素が必要となってきます。

こんな職場では当然、面接時に求職者の健康状況や体力や根性の質問をします。つまり面接の場において根性の有無などを聞いてくる企業はブラック企業である可能性が高いのです。

なので、「あなたは体力や根性がありますか」といった類の質問をされた場合はブラック企業であることを疑いたいですね。

成果主義や実力主義を過剰に謳う

年齢に関係なく実力や成果によって出世が出来る。一見すると労働者をしっかりと評価してくださる優良な企業のように聞こえますが、よく考えてみてください。

成果や実力が高い人間を評価するのは企業に当然のことではないでしょうか。つまり、そのような当たり前のことをあえて面接の際に強調する場合、それはブラック企業特有の人材確保術である可能性があります。

現にこういった会社は実力主義という文言を表に出して若手を囲い込み、使えなくなったら捨てるということを普通に行います。

実力主義や成果主義時代は悪いことではありませんが、それを著しく強調する会社は深夜残業や自主的な残業を奨励するブラック企業である可能性が高いです。

残業代や休日の質問をすると回答をぼかす

面接は労働者と企業とが互いに理解・合意をしたうえで共に働くことができるかを確認する場です。

当然面接を受ける側は、残業代の支給方法や休日の仕組み、年次有給休暇の取得方法や慶弔見舞金の有無などあらゆる要素が気になるかと思います。

しかしこれらの制度は当然企業にとっては当たり前の事なのですが負担のかかる痛い出費です。特にブラック企業は有給や残業代を単なるコストとして考えるので、できるだけ与えようとしないものです。

その結果としてブラック企業の面接ではこれらの仕組みに対する質問をすると回答をはぐらかされることが多いです。

この点を考えると、残業代や有給に対する説明がされない企業は労働者を守るつもりが一切ないブラックな企業であると判断することをおすすめします。

土日や深夜に面接が行われる

面接を土日などの休日や深夜の時間帯に行ってくださることは、面接を受ける側にとって時間の都合をつけやすくありがたい話のように思えます。

ですが、それは考えようによってはただ単に企業が面接を平日に行うだけの余裕がないだけである可能も否定できません。それに土日も営業していることを意味していますしね。

つまり、「面接の日取りを決定する際に、企業側がいつでもいいので都合の良い日を教えてください。」といった類のメールや電話の通知が来ればブラック企業であることを疑うことをおすすめします。

違和感があれば入社しないのが無難

面接は企業と応募者とが初めて顔を直接合わせて話しあう大事な瞬間です。ここでもしも違和感を覚えるようであれば、その段階での違和感は正常な感覚である可能性が高いです。

貴重な自分の人生の時間を変な会社に捧げて無駄にしないためにも違和感を覚えたら会社には入社をしないのが一番です。

この変な会社であるかどうかを確認するのが面接の目的の1つなので、あなたも会社の事をきちんとチェックしたいですね。

ちなみに入社してはいけないブラック企業の実態についてはこちらのページでまとめているので、このページの内容と併せて目を通して置くことをおすすめします。

真のブラック企業とは?

現在28歳の現役のサラリーマン(3社目)

日本で10指に入る名門大学を卒業しながらも新卒の就職活動に失敗してブラック企業に入社。

入社後には尋常ではない陰湿なパワハラの被害に遭い、嫌気がさして1年弱で退社して無職に。職歴のブランクあり、スキル無し、コネなしという状況で就職先が見つからず、スキルを身に付けるべくベンチャー企業(実態はスーパーブラック企業)にアルバイトとして入社。

2社目のベンチャー企業という異名を持つブラック企業はパワハラはないものの、激務・薄給(時給換算で500円以下)と典型的なブラック企業でしたが、その会社でWEBマーケティングの技術を学び、その経験から現在の会社(非ブラックな中小企業)に引き抜かれました。

今の会社は以前のブラック企業と比べると激務ではなくプライベートに充てる時間が出来たため、過去の自分のようにブラック企業と関わったがために心身がボロボロになる人が一人でも減ることのお手伝いが出来ればと思い、当ブログの運営を決意。

自身の経験からブラック企業の実態、転職活動のコツ、無職並びにフリーターの就職活動周りに非常に精通しているので、こういった内容のコンテンツを随時配信していきます。なお、自身の過去の経験から労務問題には興味を持ち、隙間時間で社労士の資格勉強にも着手中。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA