Pocket

あなたは今の職場に満足していますか?

仕事の内容は?給与は?人間関係は?すべてに満足している、という人は少ないのではないでしょうか。

収入を増やしたい、キャリアアップしたい、もっと自分に合った仕事をしたい、などさまざまな理由で転職を考える人は多いでしょう。ただし年齢面・スキル面を言い訳になかなか転職活動に取り組む気が起きないなんてこともあるかもしれません。

そんなあなたに良い意味で刺激を与えられればと思い、今回は45歳という年齢を言い訳にせず転職活動に取り組み、見事転職を成功させた松井さんのエピソードを紹介しようと思います。

松井さんの転職活動成功体験記

松井さんは40代の女性です。小さな出版社で5年ほど経理事務と一般事務の仕事をしていますが、最近、今の会社を離れることを真剣に考えるようになりました。

理由はシンプルで会社の将来が不安だからです。松井さんの会社では女性向けの生活情報誌を出版していますが、昨今の出版不況のため業績は芳しくありません。

経営が苦しいのはどこの出版社も同じかもしれませんが、松井さんが不安を感じるのは経営者に経理・財務の知識がないことです。

毎月財務諸表を提出しているにもかかわらず内容をまったく理解せず、経営改善のための取り組みをしようとしません。どうすれば社長に現在の会社の財政状況を理解してもらえるのだろうと毎日悶々としていませいた。

そんな中松井さんは経営者の社員の処遇に対する考え方にはどうしても納得がいかないことが分かりました。

長年にわたって赤字を出し続けている部門の社員を給与面でも待遇面でも優遇する一方で、利益を出している部門の社員を評価しない、そのことを口にした社員にペナルティーを科す、など納得できないことが多いのです。

これでは社員はやる気を失って、業績は下がる一方です。

松井さんは自分自身の仕事内容や給与・待遇に不満はありません。ただ現在の経営状態を考えると3年後5年後に会社が存続しているかどうか不安なのです。

会社が倒産してから、あるいは人員削減の対象になってから、転職先を探すより、少しでも若いうちに転職した方がいいと考えるようになったのです。

転職を決意した松井さんがまず考えたのは、自分はどのような職場でどのような働き方をしたいのか、ということです。

これまで松井さんは子育てに専念していた数年以外、正社員として働いてきました。ですが今回は40代半ばである自分の年齢を考えると正社員は難しいかもしれないと正社員になれないリスクも覚悟しました。

それに今の職場の状況から、転職するなら、経営の安定した企業で働きたいと考えました。

正社員でも企業の業績が悪ければ、収入も身分も安定しません。ワンマン経営の企業なら経営者の一声でクビを切られることもあるでしょう。それに賞与も残業代もなく、正社員と言ってもパートやアルバイトと違うのは給与が時給ではなく月給だということだけ、という企業もあるのです。

色々なことを考えた結果、松井さんはこう決めました。「雇用形態にはこだわらない。社会保険に加入できればパートでもいい。その代り小規模でも経営の安定した企業に転職する」と。これが松井さんの考えた転職先を選ぶ際の基準です。

安定した企業への転職を成功させるにはどうしたらいいでしょうか。

松井さんは今まで転職するときはハローワークを利用してきました。公共機関だから安心だと考えていたからです。

今回もハローワークを使おうとしましたが、長年契約社員、派遣社員などさまざまな雇用形態で働き続けている女友達の話を聞いて考えを改めました。

彼女によれば、「派遣社員を使うのは、ある程度の規模で人材にお金をかけようとしている企業が多い」とのことでした。

確かにハローワークに募集広告を出すのはお金がかかりません。募集広告を出す企業に対し厳しい審査をするわけでもありません。

ハローワークなら安定した優良企業の求人が見つかるとは必ずしも言えない、と考えるようになったのです。そこで松井さんは早速派遣会社2社に登録し、有給休暇を利用して説明会に参加しました。

転職の時期は、無職の期間をつくらず、後任への引き継ぎを終え円満に退職することを考え、2か月後としました。

派遣会社からは派遣先の情報が随時スマートフォンに送られてきますが、派遣の仕事の開始日は情報が送られてから数日から2週間程度に設定されているものが多く、なかなか松井さんの条件とは合いません。

そこで駅やスーパーのレジ横に置いてあるフリーペーパーや新聞の折り込みチラシなどにも目を通して、幅広く情報を集め、自分に合った求人を探すよう努めました。

さらに気になる職場、職種についてはWebで情報を集めました。松井さんは以前から自分の適性について考えていることがあります。

それは、経理業務よりもどちらかといえば電話対応や顧客対応が向いているのではないか、ということです。これまで小規模な職場で働くことが多く、人手が足りなければ経理業務以外の仕事も任されてきました。

その中で顧客対応がうまいとほめられることが多いのです。「スタッフが休んでいるときも松井さんが対応してくれるから安心」と言われたこともあります。

そこで職種についても幅を広げて求人を探し始めたところ、自宅近くの総合病院で受付と事務スタッフの募集をしていることがわかりました。20年以上前に出来て、少しずつ病棟を増やしており、近隣の評判も良い病院です。

同じスタッフが長く勤めているのも経営や待遇が安定していることの表れだと松井さんは考えました。

Webで入社時期について問い合わせをしたところ、松井さんの希望に合わせてくれることがわかりました。松井さんは応募書類と面接で顧客対応に自信があること、さまざまな業務に柔軟に対応できることをアピールし、見事採用されたのです。

経営の安定した企業に転職する、という目標を達成し、松井さんの転職は成功したと言えます。

松井さんから見る転職を成功させる2つの秘訣

松井さんの転職活動の成功事例から転職活動を成功させるために心がけたい2つのポイントについてここでは紹介していきます。

新たな職場を探す目的を明確にする

転職の目的を明確にすることが成功のための第一歩です。まず自分がなぜ転職したいのかをじっくりと考えましょう。給与が不満なら、転職を考える前に現在の職場で給与アップの交渉をしてみてもいいでしょう。

職場環境に不満があるなら、それはどうしても我慢できないことか、と考えてみることが必要です。社長がワンマン、同僚と気が合わない、という程度ならどこでも起こりうることで、安易に転職しても同じことの繰り返しになるかもしれません。

それでは転職が成功したとは言えませんね。自分の中で譲れるものと譲れないものを明確にしておくことが転職を成功させる秘訣なのです。

情報を集め精査する

情報収集の質が転職活動の成功と失敗を分けると言っても過言ではありません。転職活動で成功するには、自分だけの思い込みにとらわれず、さまざまな媒体から情報を集めることが必要になります。

転職サイトを利用すれば、多くの求人情報を見ることができるだけでなく、現在の雇用状況についても知ることができます。無事に転職活動を成功させたいのでしたらこれは使わない手はありません。

もちろんただ多くの情報を集めるだけでは無く、集めた情報を自分の経験や適性に照らし合わせて見ることが成功には欠かせません。求人情報とご自身の経験やスキルがマッチングすれば、高い確率で転職に成功します。

それに色々な情報を集めて、集めた情報を今までの経験と照らし合わせれば、今まで考えたことのない職種に関心が湧くということもあるでしょう。それが自分の適性について改めて考えることにつながり、転職の成功にもつながるのです。

転職活動を成功させたい方は、新天地探しの目的を決めることと同様に情報収集に力を入れた方が良いでしょう。

松井さんから皆様へのメッセージ

松井さんの転職の成功活動の成功事例から転職を成功させるには目的を明確にすること、情報を集めること、この2点が重要だということをおわかりいただけたでしょうか。

目的の明確化と情報収集が転職の成功と失敗を分けるとはいえ、どちらも自分一人でやるのは骨が折れます。できれば信頼できるパートナーと協力した上で効率的に行いたいものです。

転職活動のパートナーとして代表的なのは、転職エージェントです。彼等は、様々な企業の求人情報と数多くの転職希望者の転職活動を成功に導いてきたという実績があります。

エージェントの力を借りれば、一人で新たな職場を探すよりも転職活動に成功する確率が断然高まります。無事に新天地探しを成功させたい方は、エージェントを味方に付けてチームで転職活動に取り組むことをおすすめします。

皆様が無事に新天地探しに成功し、新たな職場でご活躍されることをお祈り致します。

現在28歳の現役のサラリーマン(3社目)

日本で10指に入る名門大学を卒業しながらも新卒の就職活動に失敗してブラック企業に入社。

入社後には尋常ではない陰湿なパワハラの被害に遭い、嫌気がさして1年弱で退社して無職に。職歴のブランクあり、スキル無し、コネなしという状況で就職先が見つからず、スキルを身に付けるべくベンチャー企業(実態はスーパーブラック企業)にアルバイトとして入社。

2社目のベンチャー企業という異名を持つブラック企業はパワハラはないものの、激務・薄給(時給換算で500円以下)と典型的なブラック企業でしたが、その会社でWEBマーケティングの技術を学び、その経験から現在の会社(非ブラックな中小企業)に引き抜かれました。

今の会社は以前のブラック企業と比べると激務ではなくプライベートに充てる時間が出来たため、過去の自分のようにブラック企業と関わったがために心身がボロボロになる人が一人でも減ることのお手伝いが出来ればと思い、当ブログの運営を決意。

自身の経験からブラック企業の実態、転職活動のコツ、無職並びにフリーターの就職活動周りに非常に精通しているので、こういった内容のコンテンツを随時配信していきます。なお、自身の過去の経験から労務問題には興味を持ち、隙間時間で社労士の資格勉強にも着手中。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA