Pocket

「転職活動の第1歩はサイト登録」

  • 「今の仕事を辞めたい」
  • 「もっと高給な会社に移りたい」
  • 「もっと楽しい仕事をしたい」

こんなことを漠然と考え、転職という2文字が薄っすらとでも頭によぎった時に登録をしておきたいのが転職サイト。

そもそもこの転職サイトとは何かというと、プロフィールを登録をするだけであなたに興味を持った会社からの面接オファーが届いてくる新天地探しのサポートサイトです。

実は新しい職場探しを成功させている人の9割は何らかの転職サイトに登録をしているというデータがあります。つまり、転職サイトへの登録は新天地探しの登竜門なのです。

ただし、一口に転職サイトといっても色々ありますのでどれに登録すればよいのかや、会員登録の方法が分からないこともあるかもしれません。

そこでこのページではおすすめのサイト名や会員登録を行う際の手順等について実際に転職サイトを利用した経験を持つ管理人がまとめてみました。

おすすめの転職サイトランキング

転職サイトを使用する際にはどのサイトを利用するかが鍵になります。そこでまずはじめに当サイトの管理人が利用した中で本気でおすすめしたい転職サイトの名前をご紹介します。

・なお、おすすめのサイト名よりも会員になる手順などが気になるのでしたらこちらの項目を読み飛ばして以下のリンクをクリックしてみてくださいね。

1位:DODA

最初にご紹介するのはDODAという転職サイトです。

このDODAは人材系の大手企業である旧インテリジェンス(現パーソナルキャリア)が運営しております。どうしてこのDODAをおすすめの転職サイトの筆頭候補にしたかというと、DODAにはこのような特徴があるからです。

  • 対面・電話経由の面談がある
  • 職務経歴書の添削サポートがある
  • 取扱い求人数が他社サイトの倍以上
  • 正社員としての求人案件が多い
  • 業界・業種ごとの担当者が在籍

特に一番最後の「業界・業種ごとの担当者が在職」というのはなかなか他の転職サイトには見られないDODAの持ち味です。このことからおすすめランキングの1位に選びました。

2位:リクナビNEXT

ランキング2位としてご紹介する転職サイトは「リクナビNEXT」です。

この「リクナビNEXT」はリクルートという大手の人材紹介企業が運営しており、全転職サイトの中で最も求人案件の数が多いです。

このことからおすすめランキング1位のDODAと併せて登録をしておきたいサイトになります。このような特徴を持つ「リクナビNEXT」の持ち味はこちらの通りです。

  • 転職した人の8割が利用
  • 非公開求人数が多い
  • 第2新卒案件も多数ある

特にこの中でも1の「転職した人の8割が利用」しているという点は注目に値します。

管理人自身はDODAの方が使い勝手が良くてリクナビNEXTは特に使用しませんでしたが、皆登録しているので、登録をすることをおすすめします。

3位:マイナビエージェント

おすすめの転職サイトの3つ目はマイナビエージェントです。このマイナビエージェントというのはその字の通り、マイナビグループが運営しております。

このマイナビグループが運営しているマイナビエージェントの特徴をまとめるとこのようになります。

  • 長時間の対面面談を設けてくれる
  • 求人案件数はリクナビNEXTに劣る
  • キャリアカウンセリングを重視している

特にこの中でポイントになるのが、1の「長時間の対面面談」。

実はマイナビエージェントは求人案件の数がDODAやリクナビNEXTと比較すると少ない分、一人一人の利用者に対して1時間を超える対面面談を設けることもあるように、利用者のフォローに力を入れております。

この点を考えると面倒見の良い転職サイトをお探しでしたらマイナビエージェントにも登録をすることをおすすめします。

ゼロから学ぶ会員登録の方法

ここまでおすすめの転職サイトの名前をご紹介しましたが、いくらおすすめのサイト名が分かっても登録方法が分からないと転職サイトを利用したくても利用できませんよね。

実は転職サイトの登録方法は原則としてどのサイトも大きく変わりません。そこでここでは当サイトの管理人の最もおすすめしたいDODAを例にとって会員登録をする手順をご紹介します。

まずは公式ページに行く

DODAに登録をするためにまずやるべきことは、DODAの公式サイトにいくことです。

そうしますと、トップページが出てきますので、右上にある「会員登録」をクリックしてもらいます。

DODAの公式サイト

ここをクリックしますと、氏名の記入欄がありますので、ご自身のお名前を記入してもらいます。

お名前登録

こちらの入力を行い、「次へ」を押すと、「生年月日」、「性別」、「お住まいのエリア」の入力欄が出てきますので、それぞれ入力します。

お住まいの情報

これらの入力が終われば、携帯電話の入力欄が出てくるので、そちらにご自身の番号を入力します。

連絡先

こちらの入力が終われば、メールアドレスとパスワードの登録項目が出てくるので、そちらにも入力をします。

メールアドレス

その後は学歴や大学の卒業年度、過去の転職回数などの入力が求められるのでそれぞれ入力していきます。

学歴
転職回数

これらを入力しますと、現在の年収も聞かれるので、こちらも正確に記入をします。

年収

この年収の入力が終われば任意の項目を入力するかどうかを決めた上で会員登録ボタンを押せば会員登録が終了です。(任意項目は入力しなくても問題ありません。)

任意項目
会員登録

簡易的な職務経歴書を作る

先ほどの「同意して会員登録をする」を押せば、会員登録自体は完了していますが、そのあとはこちらのような簡易的な職務経歴書の作成が求められます。

学歴
転職歴

これらの中で「必須」という項目を全て埋め、再度「登録ボタン」を押せば簡易的な職務経歴書の作成も完了します。少し面倒かもしれませんが、こちらを行えばあなたの経歴に関心を持つ企業からオファーが来ます。

それに「職務経歴書の作成」と聞くと時間がかかるように思えるかもしれませんが、入力項目は少ない上に長々と過去の実績を書く必要はないので、記載自体は10分もかかりません。

これらが全て終われば、DODAというサイトへの登録は完了します。

そもそも登録するメリットとは?

ここまでおすすめの転職サイトの名前と転職サイトに登録をする手順をご紹介しましたが、意外と登録って面倒だと思いませんか?

そこで改めての話になるかもしれませんが、貴重な時間をかけて転職サイトにメールアドレスやプロフィールを登録することで得られる代表的なメリットを一覧にしてみました。

  • 定期的に求人情報が来る
  • 会員向けのサポートをうけられる
  • 合わない会社に入社せずに済む

ここで一覧にした3つのメリットの詳細については上から順番にご紹介します。

定期的に求人情報が来る

まず1つ目のメリットはプロフィールを登録すればあなたに関心を持つ企業から連絡が来る点。

通常、転職活動をする際は自分で履歴書や職務経歴書を作成し、それを自分で送った上で面接のセッティングをする必要があります。

それがサイトを利用してプロフィールを登録すれば会社の方から「うちを受けませんか?」と連絡が来るのです。これは本当に楽です。

しかもあなたの経歴に興味を持った企業から連絡が来る以上、内定に繋がる確率は決して低くありません。この事実上の内定直結型の候補企業を紹介してもらえるのは大きなメリットと言えます。

会員向けのサポートをうけられる

実は転職サイトの中には登録者向けにサポートサービスを提供しているサイトがあります。そしてこのサポートサービスの代表的なものはこちらの通りです。

  • 履歴書の添削サポート
  • 職務経歴書の見本の公開
  • 担当者による転職相談
  • 転職に役立つ助言メールの配信
  • 非公開求人情報の紹介

ここで取り上げた5つの中でも特にポイントになるのが「担当者による転職相談サービス」。

当然、転職サイトの運営会社の担当者は転職のプロです。彼等はあなたよりも最新の転職市場の動向に精通しております。

このような転職のプロに意見を求めたり、新天地探しの悩みを聞いてもらえればそれだけで新天地探しの成功確率は上がります。これは大きなメリットですよね。

合わない会社に入社せずに済む

そして3つ目のメリットは合わない会社に入社せずに済む点。

実は転職サイトの運営会社があなたに紹介する企業というのはあなたが新天地に求める条件の大半を満たす会社ばかりです。

つまり、転職サイトが紹介する求人情報を元手に転職活動に取り組めば入社後に大きなミスマッチが起きる可能性は低くなるのです。

実は転職活動において最悪なのは「合わない会社に入社をし、早期退職をすること」です。これをやってしまうと経歴が汚くなるだけであり、まさに人生の汚点になります。

この最悪な事態に遭遇するリスクが低くなるのは転職サイトを活用することの見逃せないメリットだと管理人は考えております。

会社にばれることはないのか?

率直な話になりますが、転職サイトへのプロフィール登録は新天地探しにおいてメリットが大きいです。

しかし、転職サイトにプロフィールを登録すると、「勤務先に転職先を探していることがばれるのでは?」、と心配になって転職サイトへの登録を避けようとする転職希望者は実は少なくありません。

そこでここでは転職サイトに登録をするとその行為が今の会社にばれることがあるのか、という点について考えてみます。

原則バレることはない

まず結論になりますが、この見出しにあるように例え20社のサイトにプロフィールを登録しても原則として会社にばれることはありません。

なぜなら、転職サイト上のプロフィールの氏名欄は「ログインID」や「ニックネーム」が設定されるからです。つまり、プロフィールを登録してもあなたの名前がサイト上にさらされるわけではないのです。

この点を考えると、あなたが同僚に転職サイトを利用していることを口頭等で伝えなければプロフィールを登録したという事実は発覚しません。

会社のメールアドレスの利用はNG

もちろん、いくら会社に転職サイトの利用が発覚されることはないとはいえ、会社のアドレスで転職サイトに登録をするのは控えるのが無難。

なぜなら、会社が支給したアドレスというのは会社側が保有しているメールサーバーにログが保存される以上、サーバー管理者がその情報を調べれば受信メールも送信メールも内容は全て読み取られるからです。

このメールチェックを行われ、転職サイトからの連絡が来ている事実が発覚すれば100%転職サイトを利用している事実がばれます。さすがに一発解雇はないでしょうが、社内での立ち位置は絶対に悪くなります。

このように会社のメールアドレスは会社側にチェックされるリスクがある以上、登録アドレスは個人のYahooメールやGmailのアドレスにすることをおすすめします。

特定の会社のブロック機能を使う

もちろん原則として転職サイトの利用が今の会社にばれることはないとはいえ、万が一の発覚リスクは怖いですよね。

そんな時に利用をおすすめしたいのが、特定の会社に対するブロック機能。このブロック機能というのは、指定した会社には自分のプロフィールが映らなくなる機能です。

この機能を利用すればあなたが登録している転職サイトを求職者側ではなく企業側としてあなたの所属している会社が利用してもあなたの登録プロフィールが映ることはありません。

正直な話、そこまで警戒する必要があるとは思いませんが、どうしても転職サイトへの登録を所属先の企業にばれたくないのでしたら利用してみることをおすすめします。

選ぶべきサイトの特徴とは?

このページの中では登録をしておきたい転職サイトの名前についてはご紹介しましたが、登録をしておきたい転職サイトの条件については触れてきませんでした。

そこでここでは改めての話になってしまうかも知れませんが、登録しておきたい優良な転職サイトに当てはまる条件について考えてみます。

この3つの条件が鍵

  • 取扱い企業件数が5000件以上
  • スカウト機能がある事
  • サポートが手厚いこと

この3つの条件については1つずつご説明します。

まず1つ目の「取扱い企業件数が5,000件以上」、というのは5000を超える求人案件を扱っていることを指します。

そして2つ目の「スカウト機能」というのは、企業側からのアプローチがある逆オファー機能があることを意味します。この機能があるサイトは本当に使い勝手が良いです。

そして3つ目の「サポートが手厚い」というのは、電話による転職条件のヒアリングやメールでの質問サービスがあることを指します。

ちなみにここで取り上げた「取扱い求人案件が5000件以上」、「スカウト機能がある事
」、「サポートが手厚いこと」という3つの項目のうち最低2つがあるサイトは転職希望者との相性が抜群なので探してみることをおすすめします。

DODAは全て満たす

この見出しにあるようにDODAは先ほど取り上げたこちらの3つの条件を満たしている転職サイトです。

  • 取扱い企業数が5000件以上
  • スカウト機能がある事
  • サポートが手厚いこと

まず1つ目の取扱い企業数に関していえば、非公開求人を含めると10万は超えます。つまり基準値の5000件の20倍の水準です。

そしてスカウト機能に関してはDODAスカウトサービスというものがあり、会員登録の際にこれまでの経歴やスキルを記載すれば今のあなたに興味を持った企業からの求人情報やセミナーの案内が来ます。

そして最後のサポートに関しては質も量も優れております。現に現在DUDAが登録者に提供している主なサポート内容はこんなにあります。

    メール・対面・電話による相談サポート
  • 応募先企業との年収や入社日の交渉
  • 面接の日程調整
  • 履歴書・職務経歴書の確認
  • 応募企業の面接アドバイス
  • 業界研究や企業研究の補助

これらのサポート機能を使えば自力で転職活動に取り組むよりも転職の手間は格段に減ります。しかもここでまとめたサポートは会員登録すれば利用料もかかりません。

無料で手厚いサポートを受けられるのはメリットでしかないので、どこかの転職サイトへの登録をお考えでしたらまずはDODAに登録することをおすすめします。

DODAの公式サイトはこちら

現在28歳の現役のサラリーマン(3社目)

日本最難関の私立大学を卒業しながらも新卒の就職活動に失敗してブラック企業に入社。

尋常ではないパワハラの被害に遭い、体を壊して1年弱で退社して無職に。職歴のブランクあり、スキル無し、コネなしという状況で就職先が見つからず、スキルを身に付けるべくベンチャー企業(実態はスーパーブラック企業)にアルバイトとして入社。

2社目のベンチャー企業という異名を持つブラック企業はパワハラはないものの、激務・薄給(時給換算で500円以下)と典型的なブラック企業でしたが、その会社でWEBマーケティングの技術を学び、その経験から現在の会社(非ブラックな中小企業)に引き抜かれました。

今の会社は以前のブラック企業と比べると激務ではなくプライベートに充てる時間が出来たため、過去の自分のようにブラック企業と関わったがために心身がボロボロになる人が一人でも減ることのお手伝いが出来ればと思い、当ブログの運営を決意。

自身の経験からブラック企業の実態、転職活動のコツ、無職並びにフリーターの就職活動周りに非常に精通しているので、こういった内容のコンテンツを随時配信していきます。なお、自身の過去の経験から労務問題には興味を持ち、隙間時間で社労士の資格勉強にも着手中。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA