Pocket

「理想の職場を探すコツが分かる転職体験談」

今の会社を辞めて新しい職場を探す転職活動は、今までの慣れ親しんだ環境を捨てることになるので期待と不安が交錯するものです。ワクワクとドキドキが取り巻く転職活動を成功させるためにも新天地探しに成功した人の戦略は知っておいて損することはないはずです。

このコンテンツでは大手銀行という安定を捨てて希望する経営コンサルティング業界への転職を成功させた高木さんの転職体験記を紹介します。高木さんが転職活動を成功させるために取り組んだ準備と安定を捨てた熱い思いは新天地を探そうとしている皆様の参考になるはずです。

高木さんが大企業を辞めることを決めた経緯

当初転職する予定はなく、大企業で定年まで勤めあげて家族と幸せな日々を歩む事が社会人としての成功だと思っていました。

ところが、海外駐在していた際、フランス人の同僚から言われた「一度しかない人生を如何にドラマにするか」という考え方に影響を受け、自分はこのままで良いのだろうかと疑問を持つようになりました。

そもそも自分は仕事を通じて何を成し遂げる事が成功と考えているのか、仕事をしていく上で目的意識を持っていなかった私が初めてこういう観点で仕事を捉える様になりました。

会社経営に携わりたい。

駐在していた際にチームのトップとして仲間と共に共通の目標に向かって努力し成功に導いていくという役割にやりがいを感じ、今後もこういう事がやりたいと思う様になりました。

ところが、大企業だと大きな組織に所属する事になるので経営に携わる事が出来るのはほとんどありません。会社の1機能を担当するだけで自分が会社を動かしている実感が全く持てませんでした。

それがきっかけで会社の規模関係なく経営に関わる仕事が出来る会社に移ろうと考えました

それに海外駐在をしている間に日本人としてのアイデンティティを強く持ち、日本の為に何かがしたいと考える様にもなりました。

今後何が起こるかわからない、もしかしたら自分も事故やテロで死んでしまうかもしれないという悶々とする気持ちと毎日戦っていました。毎日色々なことが頭をよぎる中で今日死んでも後悔のない様に生きたいと心から思えるようになりました。

毎日を充実させるには、平日のほとんどの時間を拘束される仕事を充実させる必要があると強く考えたので思い切って転職をすることに決めました。

高木さんが転職をするために行った準備

ここでは、高木さんが転職活動を成功させるために行った準備について紹介していきます。

高木さんによると転職を成功させるためにも自分自身の転職の動機をきちんと文字に起こしたようです。文字化することでぶれない軸を作ったので転職活動をすることに心から納得できたので、結果としてそれが成功になったようです。

動機を明確にするためにも今の職場環境の不満を考えてみるのが良いでしょう。

例えば、忙し過ぎてきつい、人間関係がうまくいっていない、仕事を遂行する上で達成感を感じないといった具合です。不満を考えてみると次の職場に何が必要なのかが分かるでしょう。

それが分かれば、転職活動の成功に一歩近づきます。

あるいは5-10年のキャリアを見据えステップアップを考えたいというのもあるかと思います。未来を考えれば、今自分がどんな環境で何を身に付ければ良いかがわかるので自ずと働くべき環境が分かるはずです。

いずれにせよ転職先に求める条件を今一度整理し、その条件が満たされる職場を見つけることが転職活動を成功させることに繋がります。

もちろん色々な転職理由があって良いと思いますが、出来ればポジティブな理由と中長期的な視点を持った上で転職活動に取り組みたいものです。ポジティブな理由による転職活動は自然と身が入るので結果として成功確率が大きく高まります。

社会人人生は長期戦ですので、今の環境が嫌だからといって何も考えず次の会社に移ってしまうと逃げグセが付く恐れがあります。それに運良く転職活動自体は成功したとしても新しい職場でも人間関係をはじめとしたトラブルを抱えて新しい職場を探すなんて事態も考えられます。

せっかく新天地を探すのですから、自分の気持ちを整理して納得のいく動機を持った上で転職活動に取り組みたいですね。納得のいく動機を持った上で新天地を探せば、高い確率で成功と言い切れる新しい職場と出会うはずです。

転職をする動機が決まりましたら、今の仕事で結果を出して実績を作りましょう

どんな事でも構わないので表彰されたり評価されたりした事を棚卸しする事が転職を成功させる上で重要になります。「これをやった」というものがないのでしたら、転職活動を成功させるためにも今からでも実績として言えるネタを作るために結果を出しましょう。

転職の面接では具体的にどういった価値を企業に提供出来るのかということが一番問われますし、採用する側も一番注目します。自分の価値を理解してもらうためにもわかりやすい実績を作ることは本当に大切になります。実績作りは、転職活動の成功には欠かせません。

もちろん「これをやった」と自信を持って答えられる実績を作れていないなんてこともあるかと思います。その場合は、余り褒められたものではありませんが、転職活動を成功させるためにも多少話を膨らませてしまうのが良いでしょう。

面接で出来ると言ったことが新しい職場で出来ないのは問題ですが、転職活動を成功させるためには採用面接を突破しなくてはいけません。採用面接を突破するためにも自分を「できる人」だと思ってもらうことは不可欠です。

「できる人」と思われるためにも自分にできそうなことは、経験がなくても「出来ます」と口にしてしまった方が良い時もあります。もちろん何でもかんでも「出来る」といってしまうのはリスクがあるので、あくまで自分にできそうなことにとどめた方が良いでしょう。

転職活動を成功させるための4つの行動

ここでは、高木さんが転職活動を成功させるために行った4つの行動について紹介していきます。

まずは転職サイトに登録する

Googleで「転職」というキーワードで検索するだけでもすぐに5-6社転職に関するサイトが出てきます。各サイトで特徴が違うので、とりあえずは広く登録して良いのではないかと思います。

もちろん余り広げ過ぎてしまうと後々管理するのが大変になってしまうので、そこはバランスが求められます。複数のサイトに登録しましたら、それぞれのサイトではどういった企業に応募出来るのか、自分が応募したい会社が掲載されているか否かについてチェックしましょう。

情報収集をする

転職は相手企業あっての話ですので、転職で成功するためにも相手となる企業から見て魅力のある人材になる必要があります。相手視点で魅力的な人材になるためにも入社を希望する企業が何を求めているかは調べたいですね

企業が何を求めているかが分かれば対策が取れるので転職活動の成功に大きく近づきます。もちろん自分でゼロから情報を集めるのは大変ですので、必要に応じてエージェントの担当者から情報を引き出すようにすると良いでしょう。

スケジュール調整に注意する

転職活動の成功に不可欠なのは、スケジュール管理です。特に仕事を続けながら転職活動をする際に注意したいのですが、業務の都合と面接のスケジュールが重ならないように工夫する必要があります。

一番理想的なのは面接が入っている日は、有給を取得して思い切って休んでしまうことです。

早朝や定時後の時間帯に面接をセッティングすることも出来ますが、急な会食やミーティングが入る可能性もゼロではないはずです。万が一仕事関係の予定が入ると面接のキャンセルをせざるを得ないので、あらかじめ業務上の都合が入らない環境を作っておくのが良いでしょう。

既に退職している人であっても転職活動は突発的なスケジュールが入るので、予定の重複には注意したいですね。転職活動においては、スケジュール管理の質が転職の成功と失敗を分けるといえます。

社員との面談を依頼する

もし可能でしたら転職する前に実際に一緒に働く事になる職場の方と面談の機会を設ける事をトライしてみて下さい。

仕事内容もそうですが、1人で完結するタイプの仕事以外は組織単位で業務に取り組みます。一緒に働く人と性格や考え方が合わないとその会社で働くことは苦痛になります。

高木さんは入社前に何度も社員の方に面談の機会を設けてもらったようで、面談の中で仕事の内容や職場の雰囲気について聞いていたようです。入社前に転職先の雰囲気や業務が自分に合うことが確認できたので、入社してすぐに会社に馴染むことができたようです。

転職活動を成功させるためにも入社前に会社の雰囲気や業務内容に関する生の声を聞くのは大切になります。合わない会社に入らないためにも積極的に社員の方に面談を依頼して彼等の話を入社前に聞いた方が良いでしょう。

転職活動を成功させるための3つの秘訣

このコンテンツでは高木さんの転職体験談をもとに転職活動を成功させるためのコツについて紹介してきました。ここまで紹介してきた高木さんの成功体験をもとに転職活動を成功させるための3つの秘訣についてまとめてみました。

これまでのキャリアを振り返る

新天地探しに成功する為にも自分自身のこれまでのキャリアを棚卸して、企業側に自分の価値を伝えられるようにしたいですね。企業に対して自分のスキルや経験が役に立つことを面接の場で伝えることができれば、自然と転職活動の成功確率は上がるものです。

入社2-3年位でしたらポテンシャル採用と言って今後会社で育てることを前提に採用してくれますが、30代以降になると話は変わります。30代を超える年齢になると即戦力が求められますので、転職活動を成功させるためにもこれまでのキャリアを棚卸ししたいですね。

自分のキャリアが企業側にどのように役に立つのかを説明することが面接では求められます。逆に言えばそれさえできてしまえば、高い確率で転職活動は成功します。自分の価値を企業に伝えるためにもこれまでのキャリアで培われた経験やスキルをまとめましょう。

新しい職場に求める条件を明確にする

転職活動の成功というのは、自分が理想とする職場を見つけることのはずです。理想的な職場探しに成功するためにも今の自分は職場に何を求めるのかを明確にすると良いでしょう。

人によってはキャリアアップを望める職場を狙う方もいるでしょうし、アフター5が充実する職場を探す人もいるでしょう。自分が望む職場を見つけるためにも自分にとっての理想的な職場を考え、譲れるものと譲れないものを明確にした方が良いでしょう。

自分と相性が合う会社を選ぶ

転職活動を成功させるためには、自分と相性の良い職場を見つけることが必要になります。

そこでこれまで仕事をしていた中で何をしている時が最も充実していたか、あるいは一番ストレスなく働く事が出来ていたかを振り返ってみましょう。それにどういった環境で働くのが自分に合っているかも明確にするのが良いでしょう。

例えば、長い残業時間が嫌なのであれば残業時間の少ないところ、人間関係重視であれば自分と合うかどうかを面談時にチェックするといった具合です。自分との相性が分からないままに新しい職場に移ると新天地で幸せに働けないリスクがあります。

もちろん転職の成功を新しい職場を見つけることと定義すれば、新天地を見つけただけで成功になりますが本当の意味でそれが成功になるかは議論の余地があります。幸せに働ける職場を見つけるために転職先と自分のマッチングは入社前に確かめた方が良いでしょう。

理想の職場を見つけるためには?

このコンテンツでは大手銀行という安定を捨てて新しい転職活動に取り組んだ高木さんのケースをもとに転職活動を成功させるためのコツについてまとめてきました。

高木さんのケースで見られたように転職を成功させるには、職場選びの基準・自分のキャリアの棚卸し・情報収集が必要になります。もちろんこれらを全部一人でやるのは大切ですので外部のアドバイザーの力を借りると良いでしょう。

転職関連のプロのアドバイザーといえば、エージェントです。エージェントは過去の何千~何万もの転職希望者の新天地探しの手伝いをしてきましたので、彼等の力を借りれば新天地探しの成功率は飛躍的に高まります。

エージェントの利用にはお金は一切かかりませんし、必要に応じて面接の練習や就職の斡旋までしれくれます。エージェントの利用が転職活動の成功と失敗を分けると言っても過言ではないのです。

管理人イチオシの転職エージェントに関してはこちらのページで特集しておりますので、よろしければ目を通してみてください。

おすすめの転職の相談機関5選

現在28歳の現役のサラリーマン(3社目)

日本で10指に入る名門大学を卒業しながらも新卒の就職活動に失敗してブラック企業に入社。

入社後には尋常ではない陰湿なパワハラの被害に遭い、嫌気がさして1年弱で退社して無職に。職歴のブランクあり、スキル無し、コネなしという状況で就職先が見つからず、スキルを身に付けるべくベンチャー企業(実態はスーパーブラック企業)にアルバイトとして入社。

2社目のベンチャー企業という異名を持つブラック企業はパワハラはないものの、激務・薄給(時給換算で500円以下)と典型的なブラック企業でしたが、その会社でWEBマーケティングの技術を学び、その経験から現在の会社(非ブラックな中小企業)に引き抜かれました。

今の会社は以前のブラック企業と比べると激務ではなくプライベートに充てる時間が出来たため、過去の自分のようにブラック企業と関わったがために心身がボロボロになる人が一人でも減ることのお手伝いが出来ればと思い、当ブログの運営を決意。

自身の経験からブラック企業の実態、転職活動のコツ、無職並びにフリーターの就職活動周りに非常に精通しているので、こういった内容のコンテンツを随時配信していきます。なお、自身の過去の経験から労務問題には興味を持ち、隙間時間で社労士の資格勉強にも着手中。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA