Pocket

転職の相談って彼氏にするべきか迷いますよね。特に彼氏と遠距離恋愛になる事が想定される職場に移る際や転職が原因で彼氏との不仲が予測される時には特に頭を抱えるはず。

そこでこのページでは管理人の知人であり、現在転職カウンセラーをしている女性に彼氏に転職の相談はするべきかどうかについて、聞いてみた内容をご紹介します。

最後まで目を通せば彼氏に転職を相談するべきか否か、そしてどのタイミングでどのような形で話を切り出すのがベストなのかがわかります。

男性は転職前に伝えてほしいもの

転職の意向を彼氏に伝えるタイミングとしては転職前であることが大切です。できれば転職先への内定が決まる前でなく転職活動中に相談する方が好ましいです。

転職は現職をこなすことに加え転職用の書類作成から面接までやることが倍増し心身ともに負担が大きくなるでしょう。

そんな時だからこそ彼氏に相談したりして発散することが大切です。

仮に彼氏にはあまり相談するタイプではない方でも休日に彼氏と出かける余裕がなくなったり、連絡がつきにくくなるので彼氏に心配をかけたりあらぬ疑いをかけられないためにも相談しておく方がよいでしょう。

相談をしないと後々トラブルになる

彼氏は基本的に彼女のことを把握しておきたい願望があります。

自分の知らないところで勝手に転職を決め、転職活動を行っていたとなれば後々なぜ相談しなかったのかなどとトラブルになってしまうことがあります。

そのため、あらかじめ彼氏に相談しておくのが無難だと思います。

事前に相談をすることで、彼氏のアドバイスから自分では気づかなかった転職においての盲点が見つかるかもしれません。

また、相談することであなたのことをよく分かっている彼氏だからこそ言えるアドバイスをもらえることもあるでしょう。

一方で、頭ごなしに転職について難色を示したりネガティブなことを言われることもあるかもしれません。

しかし、それはあなたにとって彼氏の本質を知ることができるチャンスでもあるので彼氏に相談した際のリアクションが怖くて相談できないと思わなくてよいです。

彼氏と話し合う際の注意点

次に、実際彼氏に転職の話を打ち明ける際の注意点についてご紹介します。こちらの4つのポイントを意識するだけで、彼氏のリアクションや後々の関係性も変わってくるでしょう。

  • 相談できる相手であるかを見極める
  • 柔らかく今の本音を伝える
  • 彼の考えは最後まで聞く
  • その場で結論は出さない

ここで取り上げた4つのポイントの詳細については上から順番にご紹介します。

相談できる相手であるかを見極める

あなたの彼氏は相談にしっかりとのってくれるタイプですか。

彼氏の性格に加えカップル間での年齢差や関係性によっても相談した際の彼氏の対応は変わってくるでしょう。

転職の相談を持ちかける前にもある程度、相談したら話を聞いてくれる人かそうではない人なのか想像がつくことが多いのではないのでしょうか。

転職という人生の転機について彼氏に話すことは大切だと思いますが、どうしても話す気になれない場合は相談しないほうが良いです

しかしこれから共に時間を過ごす中でそれは今後カップルとしての関係性を続けていくべきなのか疑問を持ち、自分を見つめ直してみることをおすすめします。

柔らかく今の本音を伝える

いざ彼氏に転職活動について伝えることになった際には気を配った方が良い点もあります。特に心がけたいのは相談する前に彼氏の状況をしっかりと確認することをおすすめします。

例えば、彼氏の仕事がとても忙しい時や、やらないといけないことが通常以上にある場合はなるべく避けるべきです。

自分の立場にそのまま置き換えてみると分かりやすいですが、自分に余裕がないときは大切な人に十分なアドバイスができなかったり、普段では何もないことで喧嘩になってしまうことがあるかもしれません。

また、転職の意向を伝えるときは柔らかく本音を伝えることを大切にしましょう。

いくらしっかりとしたプランを立てて真剣に考えている転職活動であっても、強気で彼氏のことを一切考えていないような発言をしてしまっては彼氏も素直に聞き入れにくいでしょう。

相手に理解してもらいたいときこそ相手の気持ちに寄り添うことを大切にした発言をするようにしましょう。

彼の考えは最後まで聞く

転職に関しての相談を持ちかけた際に、彼氏なりに彼女のことを考えてアドバイスすると思います。当然そのアドバイスがすべて自分の考えていること、言って欲しいこととは限りません。

しかし、まずは彼氏の話を聞いてみることにしましょう。そこからそれを受け入れるのかそうでないのかは自分で決めればいいのです。

また、身近な存在である彼氏のアドバイスには意外な角度でありながら、自分が考えていなかった視点からのアドバイスもあるでしょう。

そこでまずはアドバイスにはしっかりと耳を傾けてしっかりと今後を考えるようにしましょう。

その場で結論は出さない

彼氏に相談した際に彼氏の性格によれば決めつけた発言をしたり、転職をやめさせるような発言をしてくるかもしれません。

一方で、彼女のいうことには一切反論しないタイプの男性もいるでしょう。いずれにしても彼氏に相談してその場で転職に関する結論を出すのをやめましょう。

きちんと話しあい、結局自分にとってどの道を選ぶのが望ましいのかについて改めて考えることをおすすめします。

転職に関する結論のみならず破局の話が出た際も動揺するかもしれませんが、場の空気や勢いに流されて決断しないようにしたほうが望ましいです。

転職という大切な決断だからこそ、一旦冷静になれるような環境を作ることを忘れないでください。

意向を伝えた後の最終決断は自分で決める

彼氏に相談してアドバイスをもらったり。自分自身で考える時間を十分にとったあとの最終決定は自分自身で行うべきです。

そうしないと数年後に「あの時転職を決意していればよかった。」と後悔してしまうこともあると思います。その一方で自分できめたことであれば転職して困難に直面しても意地で乗り越えられるはずです。

人生は1度しかありません。目の前のことにしっかりと向き合い考えて進むことで次に自分が進むべき道がみえてくるでしょう。

実は私も苦労しました

私自身も同じような経験が有りますが、転職の話は持ちかけるものの、最終決定は自分でしました。

私の場合は転職すると彼氏と日本と海外で遠距離になってしまうようなものであったため、彼氏に打ち明けることはもちろん内定をもらったあとも海外に行くかどうか真剣に悩みました。

しかし当時も「人生で後悔したくない」ということをモットーに遠距離になっても海外で働く決断をしました。

その決断をした後にも、苦しいときや仕事に行き詰まりを感じた際にはこの決断は正しかったのか不安になる時がありました。

しかし総じて自分のやりたいことに向かって自分の意思で進んでいくことは自分自身の自信となりキャリアアップのみならず人生を豊かにしてくれるものであると日々感じることができています。

皆さんも自分自身の気持ちに正直でいることを心からおすすめします。

ちなみに彼氏以上に適切な転職の相談相手は転職のプロである転職エージェントです。エージェントならプロの視点であなたの相談に乗ってくれます。

色々な転職エージェントがある中で20代の女性の転職やはじめての転職の相談に親身に乗ってくれるエージェントの1つをこちらでご紹介しますので、ぜひ相談をしてみてくださいね。

彼氏よりも断然頼りになる転職の相談相手はこちら

現在31歳の現役のサラリーマン

一流と言われる私立大学を卒業しながらも新卒の就職活動に失敗してブラック企業に入社。

入社後には尋常ではない陰湿なパワハラの被害に遭い、嫌気がさして1年弱で退社して無職に。職歴のブランクあり、スキル無し、コネなしという状況で就職先が見つからず、スキルを身に付けるべくベンチャー企業(実態はスーパーブラック企業)にアルバイトとして入社。

2社目のベンチャー企業という異名を持つブラック企業はパワハラはないものの、激務・薄給(時給換算で500円以下)と典型的なブラック企業でしたが、その会社でWEB制作の技術を学び、その経験から現在の会社(非ブラックな中小企業)に引き抜かれました。

これまでの経験からブラック企業の実態、転職活動のコツ、無職並びにフリーターの就職活動周りに非常に精通しているので、こういった内容のコンテンツを随時配信していきます。なお、自身の過去の経験から労務問題には興味を持ち、隙間時間で社労士の資格勉強にも着手中。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA