Pocket

「上司への安易な転職相談は貴方の首を絞める」

いざ転職を考えるとその意思をどのタイミングでどのように上司に伝えるのが一番なのか気になりますよね。それにそもそもの話、転職の相談を上司にして良いのか、悪いのか、本音で話すべきか建前で話すべきかも気になるかもしれません。

そんなあなたに驚きの事実をお伝えしますと、9割の上司はあなたの転職活動を直接的・間接的問わず邪魔をします。なぜなら、上司というのはあなたの友達ではない上にあなたが辞めると自分の評価が下がるからです。

この点を念頭に入れると安易に転職の相談を上司にするのは得策ではないことが分かると思います。ただし、頭では「上司への転職相談は損」だと分かっても今までお世話になった上司に何も相談せずに転職してしまうのも気が進まないと思います。

そこで今回は上司に転職の相談する際の注意点と最適な相談タイミングについて転職アドバイザーの経験がある筆者がまとめてみました。

転職相談は上司にするべきではない

この見出しにあるように原則として上司に転職の相談をするのはご法度。

どうして転職の相談をするべきではないかというと、冒頭で触れたように上司はあなたの友人ではないからです。それに上司の評価項目の1つには部下育成というものがある以上、部下が転職をすると当然、上司の評価はマイナスになります。

この点を考えると余程心の広い上司以外はあなたの転職を応援することはありません。それに明らかなお荷物社員ではない限り、いきなり人が1人減ると業務の進行が鈍るので上司側にとってあなたの転職はデメリットばかり。

こういった点を考えると上司に転職の相談をすると確実に止められますし、場合によっては相談後に様々な妨害をされます。上司に転職の相談をしてもあまり良い結果が期待できない以上、できるだけ上司は転職の相談相手に選ばないことをおすすめします。

安易な「辞める」発言はリスクが高い

先ほど転職の意を伝えるのは得策ではないと言いましたが、安易に「辞める」といってしまうと会社を追い出されるリスクがあります。

なぜなら、転職活動というのは今の会社を辞めるいわゆる裏切り行為だからです。当然のことながら、一度辞めるという単語を口にした人に対して責任のある仕事は振れませんし、その人のパフォーマンスがいまいちならなおさら。

こうなると事実上の社内ニートになるので、会社を辞めるまで会社での立場が非常に悪くなります。

それに最悪の場合、一度退職の相談をしてしまうと、「じゃーあ今日退職届を書いて」と言われて、事実上の即日解雇もありえます。こうなってしまうと、万が一新天地探しに失敗をすると失職、という状況になってしまいます。

こういったリスクを考えると会社を辞める決心が固まっていない時や新天地が見つかっていない時に上司に退職の意を示すのは賢明ではありません。

最適な相談タイミングは内定後

先ほど安易に上司に退職の意思を伝えるのは損だと言いましたが、それではいつが最高のタイミングなのでしょうか?

この点に関しては「最適なタイミングは内定後」という見出しにあるように新天地の内定を取った後です。どうして新天地の内定を取った後の方が良いかというと、新天地の内定を取ってしまえば、退職の意思を伝えたその日に追い出されても問題ないからです。

それに既に新天地の内定を取ってしまえば、あなた自身が転職の覚悟が決まっているはずです。こうなっていれば上司としては止めにくいですし、上司に昇給や昇進といった甘い提案がされてもあなた自身の意思が揺らぐことは考えられないからです。

また、内定が出ていれば、「辞める」という言葉を口にしてから社内で干されたり、社内の立場が悪くなっても特に実害がありません。転職活動の失敗リスクを考えると上司への転職相談は内定が出て、本気で辞める意思が固まってからにするのが賢明です。

上司の残留要請に乗らない

余程仕事ができないケースは別ですが、基本的に上司はあなたが転職の報告をすると止めてきます。特に気を付けたいのは、あなたが飛び跳ねるような甘い言葉をあなたにかけて、あなたを懐柔する時。

代表的なケースとしてはこういった言葉を口にしてあなたを残そうとします。

  • 俺は君のことを評価しているんだよ
  • 来年には課長に昇進させるよ
  • ボーナスは弾むからさ・・・・
  • 君の希望する仕事を振るからさ・・・・

あまりに甘い提案なので「やっぱり残ろうかなぁ・・・」と思うかも知れませんが、ここで転職をとどまっては上司の思うつぼ。

実は上司の口約束が守られることはほとんどありませんし、上司の甘い提案はあなたのためではなく上司のためです。どういうことかというと突然部下が退職すると上司側の評価が下がるので、それを防ぐためにあなたに甘い提案をするのです。

こういった背景事情を考えると上司からの残留要請は丁寧にお断りをするのが賢明凍結論
になります。

転職先の名前は言わない

上司に転職の相談をする際に、「どこの会社に移るの?」と新天地の名前を聞かれることがあります。

この質問に対して正直に答えることは悪くはありませんが、筆者自身としては会社名はあまり口にしないことをおすすめします。

なぜかというと、一部の会社は転職者の転職活動を妨害するために退職者の新天地に退職者に不利になる情報を紹介するなんてことがあるからです。現に管理人の知人は某大手の広告代理店を退職する際に新天地の名前を言った後にその会社の内定が取り消しになった経験があったようです。

流石に前職の広告代理店が転職の邪魔をしたという証拠はありませんが、妨害がされるリスクはゼロではありませんよね。それにそもそもの話、新天地の名前を言うことは貴方側にメリットはない以上、できることなら転職先は口にしないことが望ましいです。

なるべく円満退社を目指す

どうしても新天地が決まって上司に「退職相談」をしてしまうと、目の前の仕事がないがしろになる傾向があります。これはだれでも大なり小なりあるのですが、筆者個人としては退社相談後もやるべきことをやって円満退社を目指すことをおすすめします。

どうして円満退社を目指すべきかというと、ビジネスはどこで繋がっているか分からないからです。例えば新天地の取引先の会社の社長が、転職の相談をした上司の友人なんてことも重々考えられます。

裏で誰がどこで繋がっているのか分からない以上、円満に今所属している会社を退職するのが一番。この円満退職を目指すためにもここで取り上げた項目を退職日まで心がけることをおすすめします。

  • きちんと引継ぎを行う
  • 有給は引継ぎが終わってから使う
  • お世話になった人たちにお礼をする

この3点を行うだけで、円満に退職できることが見込まれます。上司に退職の相談をして、実際に退職をするまでの期間はあなたの今いる会社での最後の仕事です。

その仕事に全身全霊で取り組み、周りに惜しまれながら転職先に移れば気分よく新天地に移れるはずなので、ぜひとも最後の仕事きちんとやりたいですね。有休を利用してリフレッシュするのはその仕事が終わってから!

現在28歳の現役のサラリーマン(3社目)

日本で10指に入る名門大学を卒業しながらも新卒の就職活動に失敗してブラック企業に入社。

入社後には尋常ではない陰湿なパワハラの被害に遭い、嫌気がさして1年弱で退社して無職に。職歴のブランクあり、スキル無し、コネなしという状況で就職先が見つからず、スキルを身に付けるべくベンチャー企業(実態はスーパーブラック企業)にアルバイトとして入社。

2社目のベンチャー企業という異名を持つブラック企業はパワハラはないものの、激務・薄給(時給換算で500円以下)と典型的なブラック企業でしたが、その会社でWEBマーケティングの技術を学び、その経験から現在の会社(非ブラックな中小企業)に引き抜かれました。

今の会社は以前のブラック企業と比べると激務ではなくプライベートに充てる時間が出来たため、過去の自分のようにブラック企業と関わったがために心身がボロボロになる人が一人でも減ることのお手伝いが出来ればと思い、当ブログの運営を決意。

自身の経験からブラック企業の実態、転職活動のコツ、無職並びにフリーターの就職活動周りに非常に精通しているので、こういった内容のコンテンツを随時配信していきます。なお、自身の過去の経験から労務問題には興味を持ち、隙間時間で社労士の資格勉強にも着手中。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
サイト

CAPTCHA